「夢をかなえるゾウ」の29の課題一覧

読書
スポンサーリンク
ウッシー
ウッシー

「夢をかなえるゾウ」は読みましたか?

夢をかなえるための「29の課題」が学べてかなりおすすめです。

▼本記事の内容

・夢をかなえるゾウ【29の課題一覧】
ウッシー
ウッシー
・シリーズ累計350万部
・第4作が7月に発売予定
・キングオブ自己啓発書
・何よりストーリーが面白い
・偉人たちの考え方の詰め合わせパック
⇨牛はゾウのファンです(笑)
本書で紹介されている29の課題と一言メモを一覧で紹介します。
▼ところでこんな悩みはありませんか?
質問者
質問者

・自己啓発書は読むけど変われない

・なかなか行動できない

・何かを変えたい

・かなえたい夢がある

・夢がない

・自分に自信がない

・できない理由ばかり思いつく

毎日真面目に仕事をしてるけど、そんな毎日に違和感を覚えている人。

でも、何をしたらいいのか分からない人。

一つでも当てはまる人なら読む価値ありです。

▼今回紹介する書籍「夢をかなえるゾウ」

「夢をかなえるゾウ」29の課題一覧

靴を磨く

靴=自分の仕事や生活を支えてくれている道具

本書では、主人公のサラリーマンの

通勤、営業の外回りなどを支えているのは、足元の靴だ!その靴を大切にできない奴に成功はあるか?いやない。という理屈です。

スポーツ選手が道具を大切にされるというエピソードもよく耳にします。

「あなたにとって大切な道具はなんですか?」

コンビニでおつりを募金する

お金=人を喜ばせる、価値を提供することで手に入る

だから募金=人を喜ばせる練習をしたらどう?

という提案です。

コンビニで始められますね。

食事は腹八分目

腹八分目=自分で自分をコントロールするということ

そうすることで、生活が変わるということ

✳︎コントロールできる行動をコントロールする

人が欲しがっているものを先取りする

仕事=誰かの問題を解決する/欲を満たすこと

身近な人の欲〈欲しがるものを見抜き先取りできれば・・・〉

仕事でも家庭でも、人を喜ばし、価値を提供できる力が身につくよね。という話。

会った人を笑わせる

笑い=空気を作る

気分は伝染する

前向きに、笑えるくらいチャレンジしている人は

悩みや、困難にも前向きにチャレンジできる人

空気を作る人になれるといいよね?

トイレを掃除する

トイレを掃除する=人がやりたがらないことを率先して、人一倍一生懸命やる

トイレを見れば、その店の顔が分かる。

誰もやりたがらないことには価値が生まれる。

毎朝トイレ掃除始めましょうか?

まっすぐ帰宅する

仕事が終わった後の自由な時間=未来の自分のために使える自由な時間

その時間を「自分でコントロール」して使えないのに変われますか?

いや無理ですね・・・

まっすぐ帰宅して、未来の成功のために使うと良いのでは?

その日頑張れた自分をホメる

頑張ること、努力すること=楽しいこと

努力は辛い・・・

頑張ることは辛い・・・

それでは続かない・・・

だから、1日の終わりは頑張った自分を褒めましょうね。

一日何かをやめてみる

時間=器 「何かを手に入れるには相応の代償を払うことがある」

その器に何かを入れるには、まずは何かを捨てることから始める!

決めたことを続けるための環境を作る

何かをやろうと決めるとき意識を変えようとするがそれは逃げである

何かをやろうとするとき変えるべきは意識ではなく具体的な何か

それは環境を作り、行動を変えること

毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

人はその制服の通りの人になる
服装は、人の意識や行動、言動に影響を与える

自分が一番得意なことを人に聞く

自分で自分のことは分からないもの

自分が得意なことも例がではない。

試しに、『人に聞く』をやってみるといい。

僕は嫁に聞いてみましたよ。そしてブログを始めました。

自分の苦手なことを人に聞く

長所と短所は表裏一体

だから、短所や苦手なことを人に聞くと

自分の長所や得意なことが見つかるかもしれませんぞ?

夢を楽しく想像する

勝手に想像して、ワクワクしてしまうようなんが夢やねん。

考えはじめたら楽しゅうて止まらんようになるんが夢やねん。

夢を持たなければならない。

そんな義務感があるような夢は本当に夢なのか?

運が良いと口に出して言う

変えられるのは自分だけ

目の前の出来事に「良い」「悪い」の解釈をしているのは自分

自分の解釈を「良い」に変える

「良い」と口に出して言う。

そうすることで、目の前のどんな出来事からも学べるようになる。

ただでもらう

「ただでもらう」ためには「価値の提供」が必要である。

何を提供できるか?そんなことを考えるとコミュニケーションが変わるよね。

明日の準備をする

スポーツの世界でも、ビジネスの世界でも準備が9割と言われる。

悲観的に準備をし、楽観的に対処する

時間割を見て明日の準備をする小学生

大人は見習う必要がありそうですね。

身近にいる一番大事な人を喜ばせる

「あなたにとって、身近にいる大事な人は誰ですか?」

大事な人が分かるだけでも、今日が変わると思います。

誰か一人のいいところを見つけてホメる

人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まる
助けてもらう人になるためには、人が集まる人にならんといけん。

人の長所を盗む

自分がやってきたことの大半は他人の模倣だ

「人を喜ばせること」を目的にすれば、パクることに恥ずかしさは消えるよ。

求人情報誌を見る

自分の能力が最大発揮できる職種を選ぶ

大学卒業して一度入った会社で働き続ける

これは素晴らしい

でも、「合わない」のに働き続ける必要はなし。

それは「経験」しなければ分からないこと!

して「探し続けないと見つからないもの」

▼求人情報はこちらから

お参りに行く

宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である

行ってみるといいよね。そして、「感謝する」ことが大事だね。

人気店に入り、人気の理由を観察する

日常には「サービス」を学ぶ場がたくさんあると言うこと

人気店は絶好の学びの場

発見とは、皆と同じものを見て、誰も思いつかないようなものを考えることだ

プレゼントをして驚かせる

驚き=予想を超えること

だから驚かせよう!サプライズやで。

「夢をかなえるゾウ」最後の課題5つ

ウッシー
ウッシー

ここまでの課題はもちろん実行しましたね?

「教え」にはあなたを変える力はない

「あなたの行動」のみが人生を変える

だから最後の課題5つは必ず実行してください。

このように本書では語られています。

最後の課題①:やらずに後悔していることを今日から始める

「今日」から始めることが最大のポイント

考えるより先に体感せよと言うこと

私は「筋トレ」をはじめました。

最後の課題②:サービスとして夢を語る

「サービスとして」としてがポイント

相手にとって「サービス」になっているかどうか

WHYから語ろうと言うやつですな。

最後の課題③:人の成功をサポートする

人から応援される人になること

そのための近道は「人の成功をサポートすること」

今日から始めよう。

最後の課題④:応募する

現代風に言うと

応募=発信する

「自分らの言葉で言う『奇跡』を起こす力が応募にはあんねんで。」

最後の課題⑤:毎日感謝する

成功するということは

多くのもを与えた結果

多くのものを与えられて手に入る結果

だから、感謝をしよう。

足りてない時には「ありがとう」という言葉で心を満たそう

まとめ

「夢をかなえるゾウ」29の課題はいかがでしたか?

「今日から始める」「行動する」「体感する」「経験に変わる」

29の課題(教え)は「行動」することによってパワーに変わるということです。

まだ本書を読んでない方には

本書の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

▼今回紹介した書籍「夢をかなえるゾウ」

まずは本書を手に取ることから「はじめてみましょう」
▼シリーズ制覇したい人にはこちらがおすすめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
✳︎引用元:夢をかなえるゾウ/水野敬也著

コメント

タイトルとURLをコピーしました