【入門編】スポーツメンタルトレーニングのすすめ

未分類
質問者
質問者

・やる気が出ない。

・集中力がない。

・不安である。

・緊張する。

・試合になると力が発揮できない。

・本番に弱い。

・自信がない。

・落ち込みやすい。

・メンタルが弱い。

・イライラする。

上記のうち一つでも当てはまる方は読んでください。

これらの悩みの原因は「メンタル」です。

✔︎本記事の内容

・そもそもメンタルって何?
・メンタルトレーニングとは?
・今日から使えるメンタルトレーニングとは?
この記事を書いている私は、ラグビー歴20年〈プレーヤー/指導者として全国大会を経験〉その中で、技術や身体的なアプローチだけでなく「心理的なアプローチ」「メンタルトレーニング」にも注目して学んできました。
メンタルトレーニング=思考や感情・態度を自分でコントロールする方法です。
スポーツ/教育/ビジネス/子育てなど、人生のあらゆる分野で活かしてください。
✴︎3分ほどで読み終わる記事です。目に見えにくい「不安や緊張、プレッシャー」と向き合うために「今日からできること」をぜひ実践してみてください。

スポーツメンタルトレーニングのすすめ

そもそも「メンタル」って何?

ボロボ
ボロボ

そもそも「メンタル」って何?

メンタルとは、心に関するさま、「精神的・心理的」を表すことば

「メンタルヘルス」

「メンタルトレーニング」     

引用元:大辞林第三版

メンタル=思考、感情、イメージです

目に見えにくい「メンタル」ですが・・・

きんに君
きんに君

・メンタルが強い

・メンタルが弱い

こんな風に言われることがあります。

理由は

メンタルは「呼吸」「表情」「態度や行動」にあらわれるから
不安だと「呼吸」が速くなったり
怒っていると「表情」がこわばったり
やる気がないと背筋がまがった「態度」になったり
メンタルは目に見える形になります。
呼吸や表情や態度をコントロールすると
メンタルもコントロールできるようになる。

メンタルトレーニングとは?

  1. 目的・目標設定
  2. ピークパフォーマンス分析
  3. リラクセーションとサイキングアップ
  4. イメージトレーニング
  5. セルフモニタリング
専門家によっていろいろなプログラムがありますが、私が経験してきたものは上記のようなプログラムです。
メンタルトレーニングで自分の思考や感情をコントロールできるようになります。
トレーニングなので、魔法ではありません。催眠術的なものでもない。積み重ね、訓練し、身につくものです。
1つずつ解説していきましょう
5つのことに取り組むことが「メンタル弱い」を解決する第一歩になります。

目的・目標設定

目的:何のために

目標:何を×いつまでに

これらを合わせると

何を×どんな気持ちで×いつまでに

まずはここを明確にするということ
目的が一番、何のために、なぜやるか?

ピークパフォーマンス分析

これまでの自分を振り返り

最高の状態・最高のパフォーマンスを思い出す。

その時の心・技術・体・生活】について振り返る。

その状態にもっていくことができれば

高いパフォーマンスを発揮できる

そして【再現性】を高めることができる。

心だけでなく、体や技術、生活についても振り返ることが超重要です。
なぜなら、心と体はつながっているから。
✳︎合わせて、最悪の状況や状態も振り返るとさらに良し

リラクセーションとサイキングアップ

やる気がなく「ぼーっ」としたり

緊張や不安から焦ってしまったり

そんな経験は誰にもあります。

目に見えない相手をやつけるための方法

リラックスのための今すぐできる方法

【呼吸法→ゆっくりな呼吸】

①鼻から3秒吸う

②1秒とめる

③口から6〜7秒はく

やる気スイッチのための今すぐできる方法
【呼吸法→細かく、リズミカルな呼吸】
大好きな音楽に合わせた呼吸
リズミカルな最大発声
これらはサイキングアップの手法として用いられます。

イメージトレーニング

目的や目標が達成された状態をイメージする。

ピークパフォーマンス分析で出した要素を頼りに【最高の状態】をイメージしましょう。

イメージしたことはできる!

イメージできないことはできない!

多くのスポーツ選手は

イメージの中で成果を出してから

現実社会で成果を出している。

セルフモニタリング

心の状態を自分で見る&チェックする

質問者
質問者

どうやって?

最適解=書き出す

●練習日誌

●ルーティンチェック

毎日の行動を振り返りながら

✳︎今日良かったこと

✳︎今日やり直すこと

✳︎明日すること

これらを振り返ることが大切です。

これにより、イメージ力はさらに高まり、

何より「自分の心の状態」に気づく力が身につきます。

今日からできるメンタルトレーニング

書くこと&呼吸法

この2つは今日からできるトレーニングです。

目に見えないことが不安

目に見えるように書く

目に見える動作からアプローチ

たったこれだけで、スタートラインに立つことができます。

誰でもできることです。

ただし、多くの人はやらないことです。

入門編はまずはここからスタートしましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました