【初心者必見】筋トレで成果が出ない人のNG行動5選

トレーニング
あお
あお

筋トレを始めたけどなかなか成果が上がらない

きんに君
きんに君

あおさん!

筋トレは正しくやることが大切です。これをやればいい!と言うのは難しいですが、これはやっちゃダメというNG行動はあります。もしかして、NG行動やってませんかね?

ということで、今回は、

筋トレ初心者がやっちゃいけない、筋トレで成果が出ない人のNG行動】

について解説します。

▼こんな人におすすめ

・筋トレの成果がなかなか出ない

・筋トレをこれから始めたい

・筋トレやり始めたけどあきらめそう

✳︎3分で読み終わりますので、明日からのトレーニングに活かしてください。これを避ければ、再現性はかなり高まります!

【初心者必見】筋トレで成果が出ない人のNG行動5選

▼絶対やっちゃいけないNG行動

❶筋トレのタイミングがNG

❷筋トレ後の栄養補給がNG

❸メニューの組み方がNG

❹休息の取り方がNG

❺継続できない 

以上5つです。順番に解説します。

筋トレのタイミングがNG

一つ目はトレーニングのタイミングです。特に、〈空腹時〉のトレーニングは要注意です。

筋トレ前に食事をするか?筋トレ後に食事をするか?そんな議論もありますが、何より空腹時のトレーニングは筋肉にとってはNG行動なのです。

身体=車とすると、トレーニングするためにはエネルギー、ガソリンが必要です。空腹時にトレーニングすると、筋肉を分解してエネルギーにしちゃうのです。

もっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

筋トレしちゃダメなタイミング

せっかくトレーニングするなら、トレーニング前後の栄養補給は特に重要になります。

筋トレ後の栄養補給がNG

二つ目は、トレーニング後の栄養補給についてです。

筋トレ⇨筋肉損傷⇨修復のサイクルによって筋肉は大きくなっていきます。

筋肉の修復を助けるためにも、トレーニング後の栄養補給は超重要です。

あお
あお

今日もトレーニングがんばったから、飲みに行こう♫

そんな日があってもいいのかもしれませんが、筋肉にとってはNG行動です。

トレーニング後はアルコールよりプロテインです!

プロテイン〈タンパク質〉
EAA〈アミノ酸〉
おすすめプロテインはこちらから
どれにする?迷ってる人はこちらの記事も参考にしてみてください。

メニューの組み方がNG

3つ目は、トレーニングメニューに関するNG行動です。

よくある失敗例

・トレーニング強度が強すぎor弱すぎ

・1度にやる部位が多すぎ

・セット数多すぎor少なすぎ

トレーニングは独学で始める人が多いと思うので、経験則でやってしまいがちですが、安全のためにも、成果のためにも原理原則は理解しておいた方が良さそうです。

トレーニングの原理原則はこちらの記事をご覧ください

休息の取り方がNG

トレーニングのNG行動4つ目は、

〈休息〉に関すること。

効果的なトレーニング=トレーニング+栄養+休息が大原則

休息が不十分だと効果も半減します。

あお
あお

今日は筋肉痛だけど、頑張って筋トレするぞ!

こんな頑張り方をしちゃってる人いませんか?

【痛みがあるけどがんばっちゃう】

これは、効果が出ないだけでなく、怪我につながる可能性もあるので要注意です。

正しく休むことは、トレーニング効果を最大化させるだけでなく、怪我の防止にも必要不可欠なことです。

継続できない

最後のNG行動は【継続しない】

トレーニングに関わらず、成果に最も重要なことの一つはやはり、コツコツ積み上げること=継続

あお
あお

筋トレを始めたけど、なかなか成果が出ません。

こんな人は、そもそも継続期間が短すぎたり、継続できてないかもしれません。

筋トレ=成果まで3ヶ月

と一般的に言われますが、それはあくまで一般論なので人によってはもっと短期間で成果が出たり、もっと長期間必要だったりします。

年間というスパンで見たとき、ある期間だけやる気満々にはりきってトレーニングして、残りの期間全くトレーニングしない。みたいな方法だとやっぱり成果は一時的なものになってしまいます。

トレーニング=継続

続ければ確実に変われるけど、続けないなんて本当にもったいないですね。

そして、どうやら成果は右肩上がりではないようです。また、成果には一定期間の停滞期が存在しており、そこを超えることで加速します。

続けることで変わりますし

変わることで続けられます。

まずは、継続です。

まとめ

▼絶対やっちゃいけないNG行動

❶筋トレのタイミングがNG

❷筋トレ後の栄養補給がNG

❸メニューの組み方がNG

❹休息の取り方がNG

❺継続できない

以上5点に注意して、トレーニングを続けていけば再現性高く目標達成してできるのが筋トレです。

なりたい自分になるために、今より素敵な自分になるために、自信あふれる自分になるために、トレーニングを頑張りましょう。

もちろん私も頑張ります。今年の目標は、ベンチプレス115キロ達成です。

▼これまでの道のりはこちらから

ベンチプレス100キロまでの道のり

Twitterでは、日々のトレーニングや気づきをつぶやいています。ぜひフォローよろしくお願いします。

自分史上最高の自分になるために今日も頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました