行動できない理由は◯◯力ではない【危険な考え方3選】

アウトプット
スポンサーリンク
ウッシー
ウッシー

自分には文章力がないから

自分にはプレゼン力がないから

コミュニケーション力が・・・

◯◯力がないから・・・

このような悩みを解決します。

▶︎結論:できない理由は◯◯力ではない
▶︎本記事の内容
・行動できない人の考え方トップ3
・◯◯力を身につけるたった一つの方法
行動できない理由として◯◯力をあげる人がいますが、ぶっちゃけ関係ありません。
むしろ考え方が逆だという話をします。
「なかなか行動できない。」
「やる気はあるんだけど自信はない」
「◯◯力があれば△△できるのに」
▼こんな悩みをもつ人はぜひ最後まで読んでください。

行動できない人理由は◯◯力ではない【危険な考え方3選】

ウッシー
ウッシー
「ブログの文章が書けないのは文章力がないから」
「会話がうまく続かないのはコミュニケーション力がないから」
「話が伝わらないのはプレゼン力がないから」

こんなことで悩んでいませんか?要注意です!

モンちゃん
モンちゃん

「◯◯力を身につけるにはどうしたらいいんだろう?」

こんなことで悩んでいませんか?超危険です。

ますます行動できない人になってしまう危険な考え方を紹介します。

▼一つでも当てはまったら要注意です。

悩む順番が逆

「◯◯する前から◯◯力がない」と悩む

これって考え方が完全に逆です!

正しくは

「◯◯力がないのは△△していないから」

例えば・・・

文章書く前から文章力がないと悩む
文章力がないのは文章を書いていないから
ブログを書いてると・・・
あお
あお

私って文章力がない・・・

って悩むことがあります。それでブログが書けなくなっちゃったりすんですが・・・最近気がつきました。

あお
あお

文章力がないのはそもそも文章書いてないから

「◯◯力がないのは行動していないから」

こっちが問題の本質だということです。

だけど、行動する前から

「文書力がない・・・」

「文章力ってどうやったら身につくの?」

⇨「文章力を高める本を読もう」

⇨「文章力を高める動画を見よう」

⇨「文章力を高める教材を買おう」

こういう思考で解決しようとするわけです。

でも本質的には、文章力は文章書くことで身につくわけだから【ノウハウ】だけでは限界があるわけです。

スポーツの例だと

泳力【泳ぐ力】をつけたかったら、実際にプールや海で泳ぐしか方法はない。

⇨陸地で泳ぎための知識とかノウハウ勉強しても泳ぐ力はつかない。

だから

プールや海に入ってないのに、泳ぐ力がないし・・・と悩むのはおかしい。まずは、プールに入って泳ぎ出すことが重要になります。

要するに、行動せぇーよ!ということ。

行動してから

【◯◯力】はどうやったら身につくんだろう?

と悩めばイイ!!

▲◯◯力は、やらない理由にならないという話

完璧主義

なぜ行動する前から悩んでしまうのか?

理由は【完全主義】だから。

ウッシー
ウッシー

◯◯力を身につければ失敗しない

もう少し◯◯してから△△しよう

もう少し環境が整ったらにしよう

タイミングが来たらやろう

必要以上にうまくやろうとしたり、失敗を恐れたり、自信がなかったりするのも完璧主義な人の特徴です。

多くの場合、完璧を求めすぎる=自己中心的で他人の評価を気にしすぎる特徴があります。

⇨完璧を求めるあまり、いつまでたっても行動できずに、ひたすら準備や準備運動に時間をついやす。

完璧なものはそもそも魅力的ではないし、ほとんど存在しない。伸びしろない。

そして、自分が思っている以上に他人は自分に興味ない(笑)

これからの時代は

「失敗こそ価値になり得る時代」

完璧を求めて行動できない⇨行動しながら完璧を目指すがGOODです!

目的/やる気を求める

行動できない人の考え方として

行動するための目的/モチベーション

▲これに過剰に期待してる

ウッシー
ウッシー

行動するための目的を明確に

モチベーションがあればうまくいく

モチベーションがあれば継続できる

たしかに目的やモチベーションは大事かもしれませんが・・・

あんまり期待すると危険かもです。

なぜなら、

「目的は別になくても行動できるし」

「モチベーションが落ちたときに【行動しない理由】になっちゃうから」

ぶっちゃけ

行動してから目的考えてもいいし

モチベーションがなかったら休んでまた始めたらいいだけだから

完璧主義な人は

ウッシー
ウッシー

完璧な崇高な目的が必要

モチベーションが高くないと・・・

って考えがちです。

例えば・・・

〈筋トレやダイエットの場合〉

目的は、

「マッチョになりたい、痩せたい、モテたい」

モチベーション

「カッコイイやん!可愛いやん!」

テレビでやってたし試してみよ!

って「なんとなーく」スタートすることもあると思います。それで良いと思う。

絶対的にぶれない完璧な目的とか

猛烈なやる気モチベーション

が行動には必要ではない。

それを手に入れるまでに行動できないことの方が無駄が多いという話!

本来、行動を加速させるものが逆に邪魔するパターンに陥る場合があります。

だから危険です。

 

以上3つの危険な考え方を踏まえた上で

「じゃあどうやったら行動力身につくの?」

▼◯◯力身につくの?っていう話をします。

◯◯力はどうやったら身につくのか?

▶︎結論:◯◯力は◯◯するしかない

文章力⇨文章書く

プレゼン力⇨プレゼンする

コミュニケーション⇨コミュニケーションとる

圧倒的な量に取り組む

これが、めちゃくちゃ重要です。

最初から質〈100点〉を求めない
試している/実験中という感覚
悩むのは行動してから
行動してから悩む
行動してから考える
行動量⇨行動の質⇨◯◯力になる
何か始めるときに継続力で悩まない(笑)
やってみないと継続力は身につかないし
やり続けないと継続力は身につかないし
これまでは3日坊主だった自分も
これから3日坊主で終わるかは分からない
やってみないと!っていう話です。
✳︎量を増やすためには
生活の中の時間/空間を投資する必要あり!
身につけたい◯◯力のために
◯◯する時間と空間を優先的に確保
スキマ時間も寝る前も
隙を見つけて行動する。
隙が好きに変わればこっちのもの。
すぐに行動できる人になっちゃってます。
というわけで「行動できない理由は◯◯力ではない」⇨「◯◯力がないのは行動してないから」⇨行動せーよ!というお話でした。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました